#000000BOOKS

どこにも行けない迷宮をあなたに捧げます。

#000000BOOKSは、暗闇を見つめていたい人たちのための本屋です。迷宮から出ていくことが全てじゃない。
何一つ正しくなくて、何一つ間違っていない。あなたが感じたものが全て。

だって、どこにも存在しない本屋さんだから。

でも、どこかにいるたった一人のために、この本屋はどこかに存在し続けるのです。

文字で、言葉で面白い表現を模索しています。散文詩とも、小説とも取れるような、形容しがたい何かをここでずっと吐き出し続けます。

何かが始まるような、終わるような、そんな陰鬱な雨上がりの一瞬を感じて頂けたら幸いです。

大好きなドイツ語作家、フランツ・カフカ。彼が現代に生まれていたら、どんな風に作品を発表するだろう。

「彼の作るポートフォリオサイト」というifを、一生懸命考えてみました。